ミューノアージュ育毛剤の成分はどんなものがあるの? 個別に解析!

ミューノアージュ育毛剤の成分はどんなものがあるの? 個別に解析!

ミューノアージュ 成分

 

女性用育毛剤のミューノアージュは2種類の溶液を分けて使うことで高い効果が期待できる商品です。

 

気になるのは、どのような成分がそれぞれの溶液に含まれているかですよね。

 

この記事では、ミューノアージュ育毛剤の1剤と2剤に含まれる成分を解析することを目的としています。

 

読むことでミューノアージュ育毛剤に含まれる成分の効果を知ることができます。

 

 

 

 

 

ミューノアージュ育毛剤の成分を解析してみた!

ミューノアージュ 成分

 

ミューノアージュ育毛剤には1剤と2剤と呼ばれる2つの溶液があります。

 

育毛する時は2つを順番に使うわけですが、どのような成分が含まれているかはあまり知られていません。

  • 1剤は頭皮環境を整えたり保湿をするために利用します。
  • 2剤は育毛成分を豊富に含んでいて育毛のために使います。

 

まずは1剤から解析してみました。

 

 

1剤の整える成分は何があるの?

ミューノアージュ 成分 解析

 

1剤に含まれる成分

水、BG、ペンチレングリコール、エトキシジグリコール、ソルビトール、オクタペプチド−2、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、シソ葉エキス、 エンドウ芽エキス、パントテン酸Ca、グルコシルヘスペリジン、イソマルト、アクリレーツコポリマー、アルギニン、クエン酸、フェノキシエタノール

 

液体なので水が最も多いのはシャンプーなどと同じですね。

  • BG……ほとんどの化粧品に使われている基礎成分で、頭皮に潤いを与え、肌のキメを整えてくれるそうです。
  • ペンチレングリコール……高い抗菌性を備えていながら安全性が高いため、パラベンや防腐剤の代わりに使用されることが多い成分です。
  • エトキシジグリコール……汚れを落とす目的で配合されることが多い成分のようです。
  • ソルビトール……トウモロコシやジャガイモのデンプンから作られていて、頭皮の保湿性を高める成分のようです。
  • オクタペプチド−2……1剤の特徴でもある成分で、髪の毛の種を作る細胞にアプローチをして育毛するために塔に環境を整えます。
  • ヒアルロン酸Na……肌の保湿成分として非常に優秀な成分です。他の成分と組み合わせることで角質柔軟効果もあると言われています。
  • カミツレ花エキス、シソ葉エキス……自然の植物から抽出した成分で、抗炎症作用などがあり、アレルギーなどの症状を抑えてくれるそうです。
  • エンドウ芽エキス……抜け毛予防や血行促進効果があると言われる成分です。
  • パントテン酸Ca……ビタミンB5と呼ばれる成分です。主に抜け毛予防のために含まれているようです。語源はギリシャ語の「どこにでもある酸」とのこと。
  • グルコシルヘスペリジン……ビタミンPと呼ばれる聞きなれないビタミンの仲間のようです。血行促進や血流改善効果が期待できます。
  • イソマルト……虫歯にならない甘味料という夢のような特性があり、肌に付けた場合には肌荒れや炎症の防止に役立つそうです。
  • アクリレーツコポリマー……簡単に洗い流せる水溶性の合成ポリマーで、表面に粘膜を貼ることで保湿性を高めたり頭皮を保護します。
  • アルギニン……皮膚や髪の毛の素材でもあるアミノ酸の一種で、保湿目的で利用される成分です。
  • クエン酸……頭皮の収れん作用があるため、肌のキメを整えてくれる成分です。
  • フェノキシエタノール……パラベンやエタノールよりも刺激が少なく、高い防腐作用を備えた成分です。防腐剤の代わりになる安全性が高い成分なので利用されています。

 

 

2剤の育毛剤には何があるの?

ミューノアージュ 成分 解析

 

2剤に含まれる成分

グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ピロクトンオラミン、酢酸DL−α−トコフェロール、パントテニルエチルエーテル、ニンジンエキス、海藻エキス(1)、ダイズエキス、イチョウエキス、コメ発酵液、カキタンニン、乳酸、乳酸ナトリウム液、精製水、1,3−ブチレングリコール、 ジエチレングリコールモノエチルエーテル、1,2−ペンタンジオール、濃グリセリン、モノオレイン酸ポリグリセリル、クエン酸、水酸化カリウム、フェノキシエタノール

 

2剤である育毛剤には有効成分というものが含まれています。
有効成分とは、厚生労働省が効果があると認めた成分にしか与えられない成分の事で、他の成分よりも信頼性が高い成分のことです。

 

ミューノアージュ育毛剤のの有効成分は5種類あります。

  1. グリチルリチン酸ジカリウム……有名な育毛剤の多くに利用されている成分で、炎症を抑える効果が認められています。
  2. センブリエキス……育毛剤でもっとも有名と思える有効成分で、血行促進、抗炎症、細胞活性化など育毛に対して多くの効果が認められています。
  3. ピロクトンオラミン……殺菌効果、皮脂の分泌量を抑える効果、抜けて予防効果が認められています。
  4. 酢酸DL−α−トコフェロール……血液の循環を促進する効果や、代謝活性効果、皮膚の酸化を抑える効果が認められています。
  5. パントテニルエチルエーテル……ビタミンBの一種で、保湿効果や炎症を抑える効果が認められています。

 

これらの有効成分によってミューノアージュ育毛剤では抜け毛を予防したり髪を伸ばす効果を期待できます。

 

 

他の成分としては、

ニンジンエキス……朝鮮人参、高麗ニンジンと呼ばれる植物のエキスです。多くの育毛剤で利用されている成分で、フケや肌荒れの予防、保湿、血行促進、抜け毛予防、代謝促進などの効果が期待できます。
海藻エキス……こちらも多くの育毛剤で利用されている成分で、ワカメや昆布などの海藻から抽出しています。高い保湿効果があるため頭皮を守ったり潤いを与えてくれます。
ダイズエキス……大豆から抽出される成分で、育毛剤では重要なイソフラボンという育毛成分を含んでいます。保湿、紫外線予防、細胞の活性化などの効果が期待できます。
イチョウエキス……植物のイチョウから抽出されるエキスで、頭皮の血行を促進して栄養が毛根全体に行きわたりやすくしてくれます。
コメ発酵液……コメを発酵した成分で、保湿効果や血行促進作用があると言われているようです。
カキタンニン……柿から抽出された成分で、肌のキメを整えたり保湿効果や抗菌作用があるようです。体臭を消す効果もあるため消臭製品にも使われているようです。
乳酸、乳酸ナトリウム液……保湿効果の他に角質を落としやすくしたり肌のキメを整える効果があるようです。
精製水……育毛剤のために品質を高めた水です。
1,3−ブチレングリコール……頭皮を整える1剤に含まれていた、頭皮に潤いを与えたり肌のキメを整える「BG」の別名です。1剤と2剤は化粧品と医薬部外品という、分類が異なる製品のため名称を変えなくてはいけないそうです。
ジエチレングリコールモノエチルエーテル……頭皮を整える1剤に含まれていた汚れを落とす目的で配合されることが多い成分「エトキシジグリコール」の別名です。1剤と2剤は化粧品と医薬部外品という、分類が異なる製品のため名称を変えなくてはいけないそうです。
1,2−ペンタンジオール……頭皮を整える1剤に含まれていた、高い抗菌性を備えた「ペンチレングリコール」の別名です。1剤と2剤は化粧品と医薬部外品という、分類が異なる製品のため名称を変えなくてはいけないそうです。
濃グリセリン……グリセリンとは保湿効果に非常に優れた成分です。しかも安全性が高い上に他の成分と合わせることでさらに保湿成分が高まるという性質があり、様々な商品に利用されています。濃グリセリンとはグリセリンの濃度を高くしたものです。
モノオレイン酸ポリグリセリル……油性成分にグリセリンを合わせたもので、肌の柔軟性を高めると言われています。
クエン酸……頭皮を整える1剤にも含まれていた、頭皮のキメを整える成分です。
水酸化カリウム……汚れを落とすなどの補助成分として配合されているようです。
フェノキシエタノール……頭皮を整える1剤にも含まれていた、防腐目的で利用される成分です。

 

 

 

 

ミューノアージュ育毛剤の成分からわかったこととは?

ミューノアージュ 成分

 

基本的に頭皮を整える1剤には保湿、血行促進、抜け毛予防、アレルギーや炎症を抑える成分が多く含まれているようです。

 

育毛効果がある2剤には頭皮環境を整えるほかに保湿、抜け毛予防、発毛促進効果などをメインとして成分が配合されているように思えます。

 

このことからも、1剤で頭皮環境を整えてから2剤で育毛するという流れで作られた育毛剤なのだと考えられます。

 

 

ミューノアージュ育毛剤は新しい育毛剤なので口コミ件数は多くありませんが、調べてみると良い評価も悪い評価も同じようなことを言っていることがわかりました。

 

口コミについての詳しい情報はミューノアージュ育毛剤の口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか?